医療系のものづくり|専門学校で目的に合った資格を取る|医療に関する仕事について

専門学校で目的に合った資格を取る|医療に関する仕事について

医療系のものづくり

男性

病気や事故により自身の身体の一部を失ってしまった場合、失ってしまった部位を補う方法として義手や義足の装着が挙げられます。そういった義手・義足を制作する職業を義肢装具士と呼び、リハビリ・医療・福祉といった様々なフィールドで活躍しているのです。数多くの人の中にも、義肢装具士を目指したいと考えている人がいるでしょう。義肢装具士になるためには、厚生労働大臣から認可を受けている義肢装具士養成校にて3年の課程を修了する必要があります。終了後に国家試験受験資格を得ることができ、その試験に合格することができれば義肢装具士になれるのです。

義肢装具士に向いている人というのは、ものづくりが好きで人助けに喜びを感じられる人です。医療系の専門学校の中で義肢装具士養成コースのある優良な専門学校では、1年生の段階から国家資格を標準とした授業を受けることが可能です。つまり、3年間を通して義肢装具士の国家試験を対策することができるため、ほぼ確実に合格することができるということになります。また、授業の一環で義肢装具業界の経営者による特別講義を受けることもできます。このように、優良な専門学校であれば、より深い知識と高い技術を習得することができるのです。